« テクノロジー犯罪に遭遇して3418 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3420 »

2017年6月29日 (木)

テクノロジー犯罪に遭遇して3419

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という55才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

6月29日(木)

18時18分

今日も被害はひどい。触覚被害のエスカレートが頻繁に起きる。ヒモ罪人の選ぶ音声送信もいつもと一緒だ。

昨日はあれから愛犬の散歩。展開はいつもと一緒、公園まで走り、匂い嗅ぎに付き合わされ、その間は触覚被害に耐えていなければならない。しかし昨日もそれほどの時間ではなかったので、それほどのストレスというほどではなかった。帰宅後夕飯の準備。枝豆を茹で、ポテトサラダを盛り、イワシの刺身をつくり、カレイのムニエルも調理。それらをパンといただいた。調理時、食事時共に妨害はひどく、特に食事における乳首にくる攻撃は執拗で長く続いた。バカな人口音声を乱用しては、脳内も落ちつかなかった。

深夜はうたた寝ることなく3時02分に就寝。

何と9時55分に覚醒。その間1度も目覚めることなく寝入っていた。夢も見ていたようだが、内容を思い出せないが、決して不快な夢でなかったという印象は覚えている。しかし倦怠感がものすごい。ノイズが始まり、音声送信はデマ送信、その中でうつらうつら、何とか起きなければと開き直って10時15分には起床。実質7時間近く眠れていた訳だから、こんな倦怠感は異常である。これも攻撃のうちだろう。

すぐに雑事片付け、触覚被害と音声送信はいつもと一緒、この時点ではそれほどのエスカレートはない。午前に一度スーパーまで買出し。帰宅後昼食の準備。

買った天ぷらを乗せたもりそばを調理する。調理妨害、食事妨害共にあり。

それからTVを鑑賞しながらギターいじり、ここでも触覚被害がエスカレートする。

午後は今日も身の回りのことや家の雑事を片付けていく、他修繕作業もあってそれらもこなす。15時半から歯医者で治療、16時過ぎに帰宅し再び屋外での作業、それから植物に水やり、こういう作業の間にもいきなり触覚被害がエスカレートし、身体が硬直したり、ひどいストレスに晒されたりする。ノイズはいつものクズ問答が脳内では喧噪をまき散らしている。

一通り一段落したところでこれを記している。上半身はだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、右脚への触覚被害に耐えながらだ。これから愛犬の散歩に出る。


« テクノロジー犯罪に遭遇して3418 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3420 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/71002244

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3419:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3418 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3420 »