« テクノロジー犯罪に遭遇して3605 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3607 »

2018年1月 2日 (火)

テクノロジー犯罪に遭遇して3606

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という55才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

1月2日(火)

18時12分

被害は普通に続いているものの、通常の触覚被害はそれほどでもない。

昨日はあれから愛犬の散歩。展開はいつもとまったく一緒。新しい公園まで一気に走り、クンクンと匂い嗅ぎ、気が済むと帰路に着くといった具合。やはり不快な触覚被害は匂い嗅ぎの間はエスカレートした。

帰宅してからは雑煮と煮しめを暖め、おせちで夕飯とした。当然晩酌も付けたのでしばらくすればそれほど感じなくなったものの、元々それほどのエスカレートはなかった、ノイズや音声送信は普通にあった。

深夜はうたた寝ることなく1時36分に就寝。

8時45分に覚醒、どうやら目立った睡眠妨害はなかったようだ。珍しく長い時間眠ることができた、にもかかわらず倦怠感と眠気は凄い。ノイズはいつものように鳴っている。音声送信もデマ送信が始まっていた。

次は10時55分に目覚めるが、とにかくだるいし眠い。次は11時40分に気が付いたが、それでもダメ、本当に終日休んでいたいほどだった。無理をして11時56分に起床。ほぼ午前様になったものの、疲れは取れていない。

最低限の雑事を片づけ、おせちで昼食とした。天気は快晴で気分が良い、とりあえずひどいエスカレートはないまま普通に近い状態で過ごすことができている、強いて言えばこれを記している今が一番被害がひどいだろうか、とはいっても服が着れた状態で記せているので、平日に比べれば被害レベルはずっと低い。正月とはいえのびのびと過ごすとやはり被害レベルは低いようだが、こんな生活は正月だから許されるのだ。

ということでこれから愛犬の散歩に出る。

« テクノロジー犯罪に遭遇して3605 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3607 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/72601824

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3606:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3605 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3607 »