« テクノロジー犯罪に遭遇して3621 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3623 »

2018年1月18日 (木)

テクノロジー犯罪に遭遇して3622

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という56才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

1月18日(木)

18時36分

昨日はあれから夕飯の準備。浸し豆を盛り、きんぴらごぼう、アジの塩焼き、厚揚げ焼きなどを調理。やはり調理時食事時共に妨害あり。そして食事時は本当に執拗でしつこい。

深夜は少し寝入ってしまったものの1時57分には就寝。

8時09分に覚醒。ノイズが早速聞こえる。次は9時15分に目覚める、以降はうつらうつら。今朝はやや倦怠感が強かった。少しコミックを読み、10時23分に起床。いつもの雑事を片付けていく。音声送信と触覚被害はいつもと同様の始まっている。一段落したところで高田馬場の洋食屋までヒラメフライ定食を食べに出た。往復はクロスバイクを利用。走行妨害の方は特になかった。

午後からは今日はまず身の回りのことを片付けていった。しばらく家の周囲の掃き掃除ができなかったので、それらを片付け、下宿用の灯油をスタンドまで買い出したり、触覚被害やノイズはいつも同様コンスタントに続いていたものの過激なほどではない。それから、今日も新しいパソコンのシステム構築とアプリのダウンロード作業に取り組む、なかなかスムーズには進行しなかったが、つい今しがた終えたところだ。

そこでいきなり触覚被害が著しくエスカレート。とても服を着れた状態ではいられない、今日はまだ寒さがそれほどではないとはいえ、やはりはだかは堪える。右脇の下にはいつものようにインスタントコーヒーの空き瓶が挟まっていて、不便な状況を強いられている。やはり寒い、この辺にさせていただく、これから愛犬の散歩にでる。


« テクノロジー犯罪に遭遇して3621 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3623 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/72719168

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3622:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3621 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3623 »