« テクノロジー犯罪に遭遇して3626 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3628 »

2018年1月23日 (火)

テクノロジー犯罪に遭遇して3627

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という56才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

1月23日(火)

18時16分

今日も被害はひどい。やはりパソコン前での作業が主だったので大変だった。

昨日はあれから夕飯の準備。日曜の鍋の余りにカキとカスベを入れて改めていただく、他浸し豆とポテトサラダである。調理時、食事時共に妨害あり。快適な食事は外や仲間と一緒でなければ夢みたいなものだ。

深夜はうたた寝てしまい、寝室への移動が3時13分になった。

7時24分に覚醒の強要。ノイズが聞こえる。

次は8時半に覚醒、やはり倦怠感と眠気がひどい。次は10時に目覚める、本当にしんどい。しばらくうつらうつら。少しだけコミックを読んで10時37分に起床。

すぐに雑事片付け、大雪だったようだが、日差しのため大変な勢いで溶け出していた。音声送信と触覚被害はいつも通りに始まっている。

スーパーまで食材買い出し、それから昼食の準備、チキンドライカレーを調理しいただいた。やはりここでも触覚被害による妨害がひどかった。

午後は今日は明日のテクノロジー犯罪被害ネットワークの理事会のために資料制作、私が編者を担当した2冊の被害報告集の収支報告のための資料だ。次に待っている確定申告書作成のためのウォーミングアップのつもりで取り組んだが、やはり頭がそういうふうにできていないのだろう、かなりの集中と労力が必要となった。もちろん触覚被害により妨害が容赦なし、この寒さの中上半身はだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらの進行となった。

途中江古田までMTBで買い出しに行って気分転換、それから再開し、何とか資料作成を済ませた。ノイズや介入音声もまったくいつもと一緒だ。

それからこれを記そうと思ったのだが、路面が凍結したらまずいので、先に愛犬の散歩に出た、新しい公園までゆっくりと走って、それからいつものように匂い嗅ぎを始めだす、一面雪なのに、何の関係もなくクンクンとやっているし、雪が嬉しいのか、普段以上にクンクンとやっている、被害の方は思っていたほどではなかったので、できるだけ付き合ってやった。それから帰宅しこれを記している。

やはり服が着れない、上半身はだかである、当然寒い、この辺にさせていただく、これから夕飯の準備だ。


« テクノロジー犯罪に遭遇して3626 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3628 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/72757775

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3627:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3626 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3628 »