« テクノロジー犯罪に遭遇して3767 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3769 »

2018年6月12日 (火)

テクノロジー犯罪に遭遇して3768

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という56才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

6月12日(火)

18時24分

被害は今日も続いている、午後になるとエスカレートが続き結構なストレスだ。

昨日は雨天のため、散歩は中止にし、すぐに夕飯の準備となった。枝豆を茹で、中華サラダ、サバ味噌煮を調理。やはり調理も無事にはできないし、食事も無事には摂れない。その時間特有の触覚被害に苛まれながらの時間となった。深夜はうたた寝ることなく1時16分に就寝。

7時10分に覚醒の強要。まだ眠れた方か。ノイズが聞こえる。

次は9時に目覚める。以降はうつらうつら、眠気が強い。9時20分から少し読書し9時43分に起床。

すぐにいつもの雑事片付け、ノイズや触覚被害も始まっている。しかし午前はそれほどのレベルではない。今日は曇天のため、屋外での作業が可能で、いろいろと動き回る、野鳥が撒き散らしたびわの食べかすが、家の前の道路にも散乱していたりして、それを掃いて片付けたり、主に清掃作業が中心になった。一段落すると昼近い、焼きそばを調理していただいた。いつもの不快な触覚被害の下でだ。

午後は触覚被害が胸とかにエスカレートし始める。執拗でしつこい被害だ。ノイズも近くでうるさい状態、そんな中で大木の剪定作業などを片付けていく、枝が勢いよく伸びてしまって住人さんたちの部屋の日差しを遮ったりしてしまっているのだ。それらを修正する作業を行う、以降も屋外での身体を使う作業が続く。主に環境整備のような作業が続く。要するに家のことに従事したということ、触覚被害やノイズ、介入音声はコンスタントに継続。

いきなり強い雨が降ったかと思えば、急に日が差したりでこの時季らしい落ち着かない天候だった。

とりあえず一段落したところでこれを記している、いつもと同様に上半身はだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながら、右脚への触覚被害に耐えている。右肘への触覚被害もしつこい。これから愛犬の散歩に出る。

« テクノロジー犯罪に遭遇して3767 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3769 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/73671068

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3768:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3767 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3769 »