« テクノロジー犯罪に遭遇して3777 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3779 »

2018年6月22日 (金)

テクノロジー犯罪に遭遇して3778

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という56才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

6月22日(金)

16時49分

被害は今日も続いている。しかし無軌道なほどではない。気温は高く結構暑い。

昨日はあれから愛犬の散歩。新しい公園まで一気に走り、着けばクンクンと匂い嗅ぎを始める。昨日も結構しつこく続けていたが、一昨日ほどではなかった、そしてすぐに帰宅となった。

それから夕飯の準備。枝豆とトウモロコシを茹で、小松菜とキクラゲ、玉子、豚バラ肉の炒め物、それと昨日の煮物の余り物など。調理時はやはり触覚被害がひどい。食事時はさらに輪をかけるようにひどく、しつこい。

深夜はうたた寝ることなく1時38分に就寝とした。

6時16日に覚醒の強要。ノイズが聞こえる。次は8時19分に目覚める、やはりノイズが続いている。次は9時過ぎに目覚める、倦怠感は大したことないが、眠気がひどかった。音声送信によるデマ送信も始まっていた。以降はうつらうつらし9時43分に起床。

すぐにいつもの雑事片付けである。触覚被害と音声送信もやはり始まり出す。そんな中で洗濯やら、清掃やら片付けていると、すぐに昼になる。飯を炊き、味噌汁、鮭の粕漬け、キムチ、納豆などで昼食を済ます、今日も触覚被害による妨害はひどく、かなり不快の中での食事となった。

午後は触覚被害が少しひどくなる。今日は家賃の入金に目白の銀行まで出向く、帰宅後6月分、出入金の記録をパソコンに打ち込む、パソコンまでは上半身はだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、右脚への触覚被害があった。ノイズや介入音声も普段と変化なし。

それから屋外での清掃片付け作業など。それらを終わらせこれを記している、今日はこれから江古田に高校の後輩が営んでいる店に出向く、メニューデザインの依頼もされていて、それらの進行についても話し合ってくるつもりだ。


« テクノロジー犯罪に遭遇して3777 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3779 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/73729464

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3778:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3777 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3779 »