« テクノロジー犯罪に遭遇して3781 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3783 »

2018年6月26日 (火)

テクノロジー犯罪に遭遇して3782

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という56才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

6月26日(火)

18時14分

昨日はあれからクロスバイクで三鷹まで。延々とでなかったものの右脇の下にひどい触覚被害による走行妨害があった。ノイズや介入音声も普段とおりだ。松庵の蕎麦屋で昼食とした。そこではそれほどの妨害はなし。

13時半から進行中の会報会議がはじまったが、昨日に関してはそれほどの妨害はなかった、帰路もやはり右脇の下に触覚被害による走行妨害があった。

帰宅して、大急ぎで雑事を片付け、今度は市ヶ谷で催される集まりのための準備と、家を外出シフトに切り替える。17時すぎには家を出る。市ヶ谷へは地下鉄を利用。会場に到着し、18時よりその催しが開始される、かなりシリアスなもので、いただいた資料を基にインストラクターの方のスピーチを聞いていく、ここでは一気に触覚被害がエスカレートする。どこという訳ではなく、身体各所に次々と触覚被害が発生してはとりとめなく続いた、相当のストレスで集中してスピーチを聞けないほどだった。実は昨年も同じ催しに参加していて、同じ目に遭ったのである。

しかし後半は懇親会になっていて会場を変えて、一気に柔らかい雰囲気になる、こうなるとウソのように被害は消えてしまう。以降はそれほど辛い思いをしないで済んだ。

帰宅してすぐに愛犬の散歩、やはり古い方の公園まで走りクンクンと匂い嗅ぎ、それから公園を出て少し町内を歩いた、妨害はそれほどではなかった。

深夜はうたた寝ることなく1時38分に就寝。

5時26分に覚醒の強要。ノイズが聞こえる、今日はここから眠気を少し遠のかされたようで、しばらく眠れなかった。7時すぎになってやっと寝入ることができた。

9時過ぎに目覚めるが、さっきは眠気がなかったのに、今度は眠気がすごい。この辺は間違いなく操作であろう。ノイズが聞こえる。少しうつらうつら。9時25分に起床。

いつもの雑事片付けだ、触覚被害やノイズ、介入音声が普通に始まっている。午前は身辺のことで過ぎていった。昼は近所の洋食屋さんでサービスランチをいただく、ここでも被害はそれほどではなかった。

帰宅後少し休む、午後はやはり胸などに触覚被害がエスカレートしたりする、買い出しとかを普通自転車で済ます、それから書斎で、会報誌の連絡業務、それから広告ページのレイアウト作業に取り組む。上半身はだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、右脚への触覚被害と、扇風機の風を利用した乳首への刺激攻撃もあった、とにかく何が何でも猥褻でなければいけないという、執念のようなものを感じる。ノイズや音声送信の介入にも全然変化なし。服を着て屋外に出れば左胸とかにリアルな触覚被害があったりする。

そんな感じでの相変わらず被害三昧の1日となっている、これから愛犬の散歩に出る。


« テクノロジー犯罪に遭遇して3781 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3783 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/73753438

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3782:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3781 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3783 »