« テクノロジー犯罪に遭遇して3796 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3798 »

2018年7月11日 (水)

テクノロジー犯罪に遭遇して3797

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という56才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

7月11日(水)

18時22分

被害はあるにはあるのだが、高温多湿の不快の方が上回っている。

昨日はあれから古い公園まで途中匂い嗅ぎをしながら向かう。昨日も何かとクンクンとすぐに立ち止まっては匂い嗅ぎばかりだった、しかし元気でもあって、結構な距離を歩いた。被害も普通にあって、不快度も結構高かっただろうか。帰宅後夕飯の準備、枝豆を茹で、サーディンサラダを調理、それから豚バラ肉と白菜の炒め物を調理。やはり無事には炊事ができない、左胸を中心に触覚被害がエスカレートした。

食事時も身体のいたるところに触覚被害が続き、不快な夕飯となった。

深夜はやはりうたた寝てしまう、くたびれていたのか、就寝時間のメモが残されていなかった。

6時38分に覚醒の強要。ノイズが鳴っている。

次は9時04分に覚醒。それからうつらうつら。9時40分頃に起床。今日も暑い、すぐにいつもの雑事片付けだ。被害も普通に始まっている。愛犬にこの間冷風期を購入してやり、井戸の冷たい水をタンクに貯めてスイッチを入れてやる、この時期になるとほぼ冷風期の前を動かなくなってしまう。

午前はまずスーパーに買い出しに出向き、それから今日の午後に渡すことになっている広告の出力と切り出し作業を行う、冷房は使用しないので、上半身はだかはむしろありがたいくらいで、しかし右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶挟むのはやはり不便だ。その状態で作業を進行、それから今日入居する住人さんとの契約を交わす。こういう時間にはウソのように被害は消える。

終わると昼近くなっている。スーパーで買った穴子の天ぷらを乗せた冷やしうどんを調理する。調理時食事時ともに妨害あり。

午後はすぐに江古田まで広告を渡しにクロスバイクで出向く。ここでも走行妨害あり。ノイズや介入音声も普段とおりだ。帰宅後、今度は進行中の会報誌のレイアウト業務を進行。何かと触覚被害があるにはあったものの、それほどのレベルではなかった。

途中、家の雑事や植物への水やりなども挟んで、基本的にはレイアウト業務を中心に従事、一段落したところでこれを記している。いつもの状態でである。これから愛犬の散歩に出る。


« テクノロジー犯罪に遭遇して3796 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3798 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/73841345

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3797:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3796 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3798 »