« テクノロジー犯罪に遭遇して3814 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3816 »

2018年7月29日 (日)

テクノロジー犯罪に遭遇して3815

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という56才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

7月29日(日)

18時08分

被害は続いているが、それほどではない。

昨日はあれから夕飯の準備。トウモロコシを茹で、鳥もも肉、イカ、ナス、シシトウ、カボチャを揚げる。買った太巻きも盛る。妨害もあるにはあったが大したことなし。もちろん冷房は使用していない、それほど暑くもなかった、湿気はひどかったが。さらに晩酌付きにしたので、しばらくするとほぼ何も感じなくなった。

深夜は2時06分に就寝。

7時36分に覚醒。ノイズが鳴っている。次は8時頃に目覚める。次は9時半頃に気がつく、少しうつらうつらし9時43分に起床。

それほど暑くもない、そんな中でいつもの雑事片付け。被害は普通に始まっているが、今日は不自然な腰痛がある、これは操作くさい。ノイズや介入音声もいつもと同様だ。

一段落したところで進行中の会報誌のレイアウト作業に取り組む。いつもと同様上半身はだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらの状態でだ。触覚被害は下半身に少しあった程度である。

昼はコンビニで買ったサンドイッチで済ます。食後少し休んでから、今度は下宿スペースの清掃、夏の暑い間はこの作業は辛い、何せ典型的な3K作業だ。それも暑さが充満しているスペースもあって全身汗だくである。

床も汚れていたので、洗剤を吹き付けながらゴシゴシと雑巾がけである。排水溝やトイレ、シンクの掃除の際には被害はほぼ消える。これも大家としての大切な仕事である。

普段ならこの作業を終えると被害はすぐにエスカレートするのだが、今日はそれほどではなかった。この後スーパーに食材の買い出し、帰宅後再び書斎にてレイアウト業務に取り組む。今日はほぼ休みはない。

とりあえず決めていたところまで済ませたので、終業とし、これを記している。扇風機の風を悪用した乳首への刺激が続いている。ノイズもだ。これから愛犬の散歩に出る。


« テクノロジー犯罪に遭遇して3814 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3816 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/73942130

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3815:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3814 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3816 »