« テクノロジー犯罪に遭遇して3876 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3878 »

2018年9月29日 (土)

テクノロジー犯罪に遭遇して3877

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という56才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

9月29日(土)

18時15分

被害は普通に続いている、これを記し始めるとエスカレートしだした。

昨日はあれから練馬にある寿司屋まで出向いて飲み食べとした。会報誌の制作費用の入金があったおかげである。往復は徒歩で、涼しく空気も乾燥していて快適だった。被害の方もそれほどではなく、行きの歩行は多少の被害はあったものの、大したことはなかった。帰路はほろ酔いということもあって、以降の愛犬の散歩時にもそれほど被害を感じることはなかった。深夜はうたた寝ることなく1時23分に就寝とした。

5時31分に尿意で目覚める、すぐに小用に立った。すぐに寝入る。次は8時59分に目覚める、そして次は10時13分に目覚めた、久しぶりに結構長い時間眠れたようだ。少し読書をし10時25分に起床とした。

雨天になっていた、すぐにいつもの雑事片付け。それから植物の世話など。被害は普通に始まっているものの、それほどのひどさではない。昼はコンビニまで弁当を買いに出た。あとは味噌汁とかを付けていただいた。多少の妨害あり。ノイズとかはずっと続いていた。

午後はプライベートブログとかを更新し、以降は今日に関してはゆっくりと過ごす、思っていたよりかは雨も強くはなく、夕方には街を徒歩で散策したりした。ノイズ以外の被害はそれほどでもない。

ほっとしながら、パソコンに向かいこれを記し始めると途端にノイズが近寄り、触覚被害が主に下半身にエスカレートしてきた。いつものように上半身はだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、右大腿への強い触覚被害に耐えながらの記録となっている、またもや雨足が強くなってきている、散歩は中止である。


« テクノロジー犯罪に遭遇して3876 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3878 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/74297073

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3877:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3876 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3878 »