« テクノロジー犯罪に遭遇して3880 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3882 »

2018年10月 3日 (水)

テクノロジー犯罪に遭遇して3881

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という56才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

10月3日(水)

18時05分

被害は今日も続いている。しかしそれほどのエスカレートはない。ノイズや音声送信は普通に続いている。

昨日はあれから地下鉄で市ヶ谷まで出向き、魚を中心とした料理を出してくれる居酒屋さんで夕飯とした。これ以降、帰宅し就寝するまでは目立った被害はなし。就寝は少しうたた寝てしまい、3時14分になった。

8時28分に目覚める、目立った睡眠妨害はなし。ここで鮮明にドアベルが聞こえる、急いで玄関に行っても誰もいない。またもや送信である。それにしてもリアルだ。ノイズはすでに始まっている。以降は浅い眠り。倦怠感あり。9時55分に起床。朝晩は本当に涼しくなっている。薄曇りだった、すぐにいつもの雑事片付け、洗濯も片付けておく。音声送信はノイズはいつもと一緒、触覚被害もそれほどのひどさではない。

午前は買い出しや、身辺のことで過ぎていく。昼食はスーパーで買ったサンドイッチで済ます。

午後はまず、11月に予定されている地元での寄席の広告を、後援会の会長さんの家に届ける、私もパンフに一文を添えることになってしまった。ここでは被害は遠のく。

帰宅後今度は先月の経理打ち込み作業、結構溜まっていたので時間がかかった、ここでは普通に妨害あり、したがって上半身はだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながら、下半身への触覚被害に耐えながらの進行。それを終えると今度は台風で荒れてしまった庭の地面のゴミ拾いとかを片付け、夕飯のおかずを2品ほど前倒しでつくってからこれを記している、ここでは普通に妨害がある、ノイズも近いし、下半身、主に右脚への触覚被害が少しひどい状態である。

これから愛犬の散歩に出る。


« テクノロジー犯罪に遭遇して3880 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3882 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/74323255

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3881:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3880 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3882 »