« テクノロジー犯罪に遭遇して3884 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3886 »

2018年10月 7日 (日)

テクノロジー犯罪に遭遇して3885

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という56才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

10月7日(日)

17時43分

被害は続いている。朝から強くはないが、何かと身体各所を撫で回すような感触がある。ノイズや音声送信は普通にある。

いつもこのブログに登場していた愛犬アムールが昨晩急死した。享年14歳と5ヶ月、30キロ級のサイズの犬の場合、人間に照らし合わせると80代ということ。長生きであったことは間違いない。

昨晩たまたま大学の友人と読み食べし、帰宅したのが23時過ぎ、すでに庭のお気に入りだった場所で動かなくなっていた。しかし苦しんだ形跡はなく、穏やかな死だったようだ。恐らく心不全であろう。出かける時にはエサを大声でねだり、すごい勢いで食べていた、要するに元気だったということだ。しかし何せそれだけの年齢だ、いつ何が起こってもおかしくはない。

明日火葬を済ませ告別式となる。このブログの読者の方にも彼女のことに関心があった方もおられたようで、とりあえずお知らせとさせていただきます。


昨日はここのところ運動不足だったので、飯田橋まで徒歩で向かった。特にひどい妨害はなし、以降も友人と顔を合わせてからは被害はなかったし、帰宅し愛犬のことで驚き、途方にくれている際にも、さらに就寝するまで被害はほぼなかった。なかなか眠くならず、酒の力を借りてようやく3時34分に就寝とした。

9時前に起床、速やかに雑事を片付ける、被害は始まっているものの遠めである。すぐに過去にもお世話になっている動物霊園に電話をし、告別式までの段取りを依頼、何せ32度にもなるということで、すぐに亡骸を引き取りに来てもらうことにし、あとは自宅で待機、その間にもいくかの細事を片付けていく。10時55分に引き取りに来てくれ、まずは安心する、以降はいくつもの雑事を片付け、コンビニで買ったサンドイッチで昼食後彼女のいたスペースを整理する、こういう際にもベタベタと触覚被害が走っているし、ノイズやいい加減な内容の音声送信が続いた。

それから今度は下宿スペースの清掃となった。ここでは被害はかなり遠のく、それから共同スペースの清掃などなど、普段の日曜に比べてたくさんの雑事を片付けることになった。被害は何かと続いていた。

その間にも兄弟、親戚、ペットショップの店長さん、よく可愛がってくれた住人さんたちに報告を済ます。多くの人たちに話すほど心も落ち着きを取り戻し、今はかなり冷静な状態だ。

56年生きてきたが、我が家に犬はいなかったことはなく、ついにここでそうなってしまった。散歩もエサもオヤツの必要もなくなってしまった。こんなことは経験したことはない。どうすれば良いのか、落ち着いたらよく考えてみようと思う。


« テクノロジー犯罪に遭遇して3884 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3886 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/74350311

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3885:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3884 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3886 »