« テクノロジー犯罪に遭遇して3901 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3903 »

2018年10月24日 (水)

テクノロジー犯罪に遭遇して3902

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という56才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

10月24日(水)

16時14分

被害は今日も結構ひどい。

昨日はあれから夕飯の準備。イワシとカツオの刺身、オニオンスライスとおろし生姜添え。鶏ゴボウ、イワシ塩焼きなどを調理。調理時は大したことはなかったが、食事中はしつこく触覚被害が続いた。ノイズや介入音声もあり。

深夜は少しうたた寝てしまう。就寝は1時26分。

8時57分に目覚める、目立った睡眠妨害はなし、早速ノイズが鳴っている。以降はうつらうつら、倦怠感ひどし。9時29分に起床。

いつもの雑事片付け、それから身の回りのことを片付ける。被害に変化なし。近所まで野菜などの買い物に出る。昼は自炊で飯を炊き、味噌汁、納豆、コロッケ線キャベツ添えなど。やはり食事中には妨害あり。

午後になると触覚被害がエスカレート、胸に特にひどいし、「サー」というノイズも近くうるさい。待っている校正データがまだ届かないので、腹ごなしも兼ねて動物霊園まで散歩に出る、コンディションが悪く、眠気と疲れが取れない。歩行中にも不快な触覚被害が続く。

帰宅後校正データが届いたので、昨日に引き続きデータ修正作業に取り組む、上半身はだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらの作業となる。右脚とかに触覚被害が続くそれを終えてから一休みし、家のことに従事、一段落したところでこれを記している。

今日はこれから三鷹で高校の後輩が営んでいる店に行って外食とするつもりだ。

« テクノロジー犯罪に遭遇して3901 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3903 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/74464150

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3902:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3901 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3903 »