« | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3908 »

2018年10月29日 (月)

テクノロジー犯罪に遭遇して3907

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という56才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

10月29日(月)

18時05分

被害は今日も普通に続いている。

昨日はあれから少しだけ雑事を片付けてから、夕飯の準備とした。作り置きの惣菜を盛り、ザウアークラウト風の蒸し炒め物、カキとネギの炒め物、買ったコハダの握り寿司などを準備し、シャワーを浴びるが、ここでは尻へのひどい触覚被害あり。食事時にも触覚被害がひどい、猛暑期の頃の穏やかさが懐かしい。しかし晩酌付きにしたので、しばらくするとそれほど感じなくなった。

深夜はうたた寝てしまう、結構深く寝入ったようで気がついたのが3時頃、慌てて寝室へ移動、すぐに就寝とした。

8時21分に目覚める、ノイズが鳴っている。次は9時47分に目覚める、ノイズが続いている。倦怠感ひどし。10時01分に起床。

すぐにいつもの雑事片付け、空は快晴である。リサイクルゴミ出しや洗濯も済ませ、庭の掃き掃除も済ませる、それから近所のラーメン専門店でラーメンで昼食とした。被害は普通に始まっていたものの、午前はそれほどではない。少し休み、午後はパソコン前での作業となった、雑事を少し片付けてから、進行中のデータブックの校正作業に入る、上半身はだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挾むのもいつもと一緒。下半身への触覚被害も続いたし、ノイズもずっと鳴り続けていた。夕方早めには終了、それから買い出しも兼ねて動物霊園と江古田方面まで歩く。この間は目立った妨害はなし。

しかし帰宅してから、胸とかに触覚被害あり。

そしてやはりいつもと同様の状況下でこれを記している、これから夕飯の準備とする。


« | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3908 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/74496078

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3907:

« | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3908 »