« テクノロジー犯罪に遭遇して3968 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3970 »

2018年12月31日 (月)

テクノロジー犯罪に遭遇して3969

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という56才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

12月31日(月)

19時07分

被害は続いているものの、全体的にはそれほどではない。とにかく今日も起床と同時に年末雑事にひたすら追われていて、慌ただしいことこのうえない。音声送信とノイズは相変わらず続いているが、肝心の触覚被害については、清掃などの作業中は、ぐっと遠のきほぼ自覚なしで済む、午後に12月分の出納帳の打ち込みをしている際に、多少の触覚被害のエスカレートがあった。それと今、この記録の際に少しのエスカレート。それと右肩への痛みの強要など。

まだこれから片付けなければいけないことが山とあって、それにこれから取り組む、おそらく被害のエスカレートはそれほどではないと思う。ということで被害報告の方はこの辺にさせていただく。

« テクノロジー犯罪に遭遇して3968 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3970 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3969:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3968 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3970 »