« テクノロジー犯罪に遭遇して3982 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3984 »

2019年1月14日 (月)

テクノロジー犯罪に遭遇して3983

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という56才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

1月14日(月)

18時04分

被害は今日は軽いと思ったが夕方から胃へのひどい操作が始まり、今もそれが続いている。

昨日はあれから夕飯の準備。イワシ刺身、ホットプレートを出して肉と野菜を炒め、それとお好み焼きをつくっていただいた。妨害はあったものの晩酌付きにしたのでしばらくするとそれほど感じなくなった。

深夜はうたた寝てしまい、就寝は2時43分になってしまう。

今朝も愛犬の世話も含め早起き、7時29分には目覚め、7時37分に起床となった。早朝に起きていたようで、スペースが散らかっていたので、片付けすぐに餌を与える。それからいつもの雑事を片付け、再び横になって休む。90分ほどしてから起床し、いくつかの雑事を片付けていった。

我が家にも少し馴染んでくれてきたようで、無闇に騒いだりしなくなってきた。他洗濯とかリサイクルゴミ出しなども片付けた後、江古田までクロスバイクで往復、その途中ラーメンで昼食とした。走行妨害とかも特になし。帰宅後休憩と同時に少し遊んやる、音声送信やノイズはいつもと一緒。午後早いうちにはまだ胃への操作がなかった、

今度は新宿に用事があって地下鉄で出向く、仕事で利用するアプリの1年分の使用権利の購入に出向いた、ここでも特に被害はなかった。


帰宅後夕方に差し掛かると胃への操作が始まり出した。音声送信も、それをする側と止めさせる側との問答がいつもと同様に始まり出した。暗くなってから散歩に出たがその間もずっと締め付けられるような感触が続き、今もひどい、しかし通常の触覚被害はそれほどでもない、服は普通に着れている、これから夕飯の準備とする。


« テクノロジー犯罪に遭遇して3982 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3984 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/74945588

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して3983:

« テクノロジー犯罪に遭遇して3982 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して3984 »