« テクノロジー犯罪に遭遇して4005 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して4007 »

2019年2月 6日 (水)

テクノロジー犯罪に遭遇して4006

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という57才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

2月6日(水)

18時00分

被害は普通に続いている、パソコン前に来るとやはりかなり不快になる。ノイズや音声送信は普通に続いているが、今日はそれほどやかましくはない。

昨日はあれから夕飯の準備。浸し豆を盛り、さつま揚げを温め大根おろしを添え、餃子とキャベツを炒め、買った巻き寿司を盛っていただく。以前ほどの妨害はないが、快適である訳ではない。

深夜はうたた寝てしまい、2時05分に就寝とした。

6時48分に目覚める、愛犬に餌を与える。ノイズが鳴っている。すぐに横になる。次は9時頃に目覚めるがうつらうつら状態、はっきりと目覚めたのが9時53分。倦怠感ひどし。やはりうつらうつらとし10時14分に起床。ろくに疲れが取れていない。珍しく本降りの雨である。気圧が低いと調子が悪いのは昔からだ。重い体を動かし雑事を片付けていく。一段落した頃には昼近い。小松菜とひき肉を炒めたのを乗せたラーメンを調理していただいた。それほどの妨害はなし。

一休みした後、すぐに池袋の青色申告会まで出向く、雨天のため徒歩で往復となる。雨天なので空いていると思って到着するとやはりそれほど混雑はしておらず、15分ほどで順番が回ってきた。普段は1時間近く待つのだが、雨が幸いしたようだ。担当の方も扱いに慣れていて、結構スムーズに進行。90分ほどで無事申告終了となる。本当に毎年この瞬間はほっとする。この時間は被害はなし。

帰路も徒歩で自宅に向かう、帰宅し少し愛犬と遊んでやる。私以外に誰もいないというのも気の毒な感じもするが、もう少し成長すればその境遇を受け入れてくれると思う。

帰宅後は身辺のことを片付けたり、確定申告作業の後片付けなど、17時過ぎに散歩を済ませ、帰宅してからこれを記している。やはりパソコン前に座ると途端に触覚被害がひどい。服こそ着れているものの、右脇の下に直にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらの記録となっている。ノイズや音声送信にも変化なし。これから夕飯の準備とする。


« テクノロジー犯罪に遭遇して4005 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して4007 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して4006:

« テクノロジー犯罪に遭遇して4005 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して4007 »