« テクノロジー犯罪に遭遇して4011 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して4013 »

2019年2月12日 (火)

テクノロジー犯罪に遭遇して4012

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という57才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

2月12日(火)

18時46分

被害は普通に続いている。今日も午後はパソコン前にいた時間が多く、そこでは触覚被害に耐えていなければならなかった。

昨日はあれから江古田まで歩き、高校の後輩の店で飲み食べを楽しんだ。被害は消えてしまう。気の合う後輩で結構談笑もできた。以降は酔いも手伝い、特に被害に苦しむことなく過ごすことができた。深夜は少しうたた寝てしまい、就寝は1時19分とした。

6時37分に目覚めすぐに起床し愛犬に餌を与える。ノイズがすでに鳴っている。

以降、浅い眠りで時々うつらうつら状態になり、はっきりと気がついたのが10時過ぎ、倦怠感強し。ノイズが続いている。起床は10時21分となった。すぐにいつもの雑事片付け、洗濯なども済ます。被害は音声被害が中心。

一段落したところで地元の中華飯店でワンタン麺をいただく、帰宅し一休みしてから、下宿スペースの清掃。ここでは音声被害も消える。掃除を終わらせてから、広告制作作業を開始、ここでは仕方なく、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらの状態となった。胸を中心に猥褻の触感が走り続ける、ノイズも近寄る。

ここでは本当に耐えるといった感じ、いっそのこと服を脱げば良いのだが、今度は寒くてしようがない、電気ストーブをオンにしているのだが、キーボードを操作する手はかじかんでしまっている。

17時半過ぎに何とかノルマを果たし、パソコン前から離れ散歩に出て戻ってから、夕飯の準備を済ませる、今日はシチューなのだ。それを煮ている間にこれを記している、やはり触覚被害がひどい。

これから少しして夕飯とする。


« テクノロジー犯罪に遭遇して4011 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して4013 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して4012:

« テクノロジー犯罪に遭遇して4011 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して4013 »