« テクノロジー犯罪に遭遇して4063 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して4065 »

2019年4月 5日 (金)

テクノロジー犯罪に遭遇して4064

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という57才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

 

4月5日(金)

18時50分

被害がひどくなってきている。やはり寒さと関係があるのか、今日から春らしい暖かさである。

 

昨日はあれから夕飯の準備。絹ごしを半分にして、1つは温豆腐、1つは冷奴にする。それと回鍋肉とおにぎりを1個いただいた。妨害は普通にあり。

深夜はやはり読書中にうたた寝てしまい、寝室への移動が3時03分となった。

 

7時49分に目覚める、ノイズが鳴っている。次は9時08分に目覚め愛犬に餌を与える、暖かいせいなのか今日は大人しかった。ノイズは続いている。起床は9時40分。倦怠感あり。

すぐに雑事片付け、被害は音声送信、触覚被害共に始まり出すし、レベルも結構強い。一段落しメールを確認すると、新たなレギュラーワークの依頼が来ていた。午後はグラフィック業務1本になりそうだ。

昼食はラーメンを自炊、食べ終わり一休みした頃から触覚被害がひどい状態になり、そのままずっと続く、ノイズも近い。

パソコン前では上半身はだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み続けながらのグラフィック業務となった、寒さは感じないので助かったものの、またもやこういう状況が続くのだろうか。

そんな状況下で作業を進めた。とりあえず17時半頃にはノルマを果たせたので、愛犬の散歩に出た。ここでは被害は消える。

それを終え、シャワーを浴び、それからこれを記している、自ら上半身はだかになり、被害を防御しながらこれを記している。この先一体どうなるのか。これから夕飯の準備とする。

 

« テクノロジー犯罪に遭遇して4063 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して4065 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事