« テクノロジー犯罪に遭遇して4070 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して4072 »

2019年4月12日 (金)

テクノロジー犯罪に遭遇して4071

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という57才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

 

4月12日(金)

    

18時57分

被害は続いている。今日は午後はずっとグラフィック仕事だったので、触覚被害をひどく被ることになり大変だった。

 

昨日はあれから夕飯の準備。作り置きのひじきと大豆の煮物を盛り、買った白身魚のフライとコロッケを温め、添える生野菜を刻む、それとハムサンドもつくっていただいた。食事中の妨害あり、しかし肌寒いせいか、それほどのレベルではなかった。

深夜はうたた寝ることなく1時27分に就寝とした。

 

3時49分に尿意で起床。

次は8時45分に目覚める、倦怠感と眠気がとてもひどかった。ノイズが鳴っていた。少しうつらうつらし愛犬の餌を与える。またうつらうつらし9時47分に起床。とにかく倦怠感がひどかった。

すぐにいつもの雑事片付け、ノイズや触覚被害は普通に始まっていた。一段落したのち、進行中の事業報告書の修正データをクライアントに送信。それから身辺のことを片付けていく。

昼はたぬきそばを自炊。ここでも軽い妨害あり。

午後は細事をいくつか片付けてから、パソコン前で依頼されている広告の制作に入る、さらに新たに事業報告書の修正依頼が来たので速やかに片付ける、この間ずっと右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を直の挟み続けることになった、胸と右脚への触覚被害がひどく、「サー」というノイズが近づきうるさい状態が続いた。17時45分にとりあえずノルマを果たしたので終業とし、愛犬の散歩に出かけた、ここでは被害はほぼノイズのみとなった。

帰宅して記しているが、一気に触覚被害がエスカレート、この寒さの中上半身はだかでこれを記している、寒いのでこの辺にしておく。これから夕飯の準備とする。

 

 

« テクノロジー犯罪に遭遇して4070 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して4072 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事