« テクノロジー犯罪に遭遇して4074 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して4076 »

2019年4月16日 (火)

テクノロジー犯罪に遭遇して4075

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という57才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

 

4月16日(火)

    

19時46分

被害は普通に続いている。今日は午後はパソコン前でグラフィック業務だったので、その間は一貫して上半身はだかとなった。

 

昨日はあれから夕飯の準備。チャーシュー入り中華サラダ、ひじき大豆煮、余り物の海鮮焼きそばとかで済ます。食事中の妨害はあったものの、それほどのレベルではなかった。

深夜はうたた寝ることなく1時24分に就寝となった。

 

6時15分に覚醒の強要。早速ノイズが鳴っている。次は8時39分に目覚める。ノイズと右脚への弱い触覚被害あり。以降は浅い眠り、倦怠感と眠気はやや強いという感じ、9時03分に起床、すぐに愛犬に餌を与える。それからいつもの雑事片付け、洗濯も片付ける。一段落したところで書斎にてグラフィック業務。データ修正作業に取り組む、仕方なく上半身はだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらの状態で作業を進行。ノイズと介入音声もいつもと同様に続く。

昼はチャーハンを調理していただいた。普通の妨害あり。

 

午後は3階の清掃を済ませ、それから進行中の事業報告書の入稿が本日に決定したのでその準備、その前に新たな修正が発生したのでそれも片付ける。それから入稿データづくりとなった。2時間ほどでケリがつき、即座に入稿となった。1つの大きめの仕事が終了となった。この過程もすべて寒い状況下での進行となった。

それから愛犬の散歩に出た、ここでは被害は遠のく、まだ子犬なので勢いに任せて走ったり、すぐに興奮したりで、コントロールも大変であるし、結構緊張もする。そのせいで意識が著しく外向するのだろう。

帰宅してシャワーを浴びる。ここでも尻への触覚被害あり。それからこれを記している。やはり上半身はだかである。これから夕飯の準備とする。

 

« テクノロジー犯罪に遭遇して4074 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して4076 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事