« テクノロジー犯罪に遭遇して4341 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して4343 »

2020年1月 9日 (木)

テクノロジー犯罪に遭遇して4342

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という58才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

 

1月9日(木)

 

18時44分

被害は続いているものの、ひどいのはこの記録の時間くらいだろうか。ただし音声送信被害には変化はなし。

 

昨日はあれから夕飯の準備。ポークハム、手羽先の唐揚げ、ポテトフライ、生野菜、野菜ピザトーストとかを調理した。調理時・食事時ともに妨害あり、しかしそれほどの強さではなかった。食後は愛犬を屋内に入れてやり自由にさせてやる、1頭だと寂しくてしようがないらしい。深夜はうたた寝ることなく1時12分に就寝とした。

 

5時12分に覚醒の強要。次は6時55分に目覚めさせられる。ノイズはすでに鳴っていた。8時30頃に目覚めうつらうつらし、8時50分に愛犬に餌を与える。眠気はなくベッドに戻って読書をし9時24分に起床とした。気持ちよく晴天だった。被害もすぐに始まり出す。いつもの雑事片付け、一段落したところで外出の準備、今日は池袋までいろいろと新春の買い出しである。行きは徒歩で向かった空には雲ひとつなく、それほど寒くもなく爽快だったものの、脳内でくだらない問答や、デマ、ノイズなどが続いていた。

西口の中華飯店で早めの昼食を摂り、東口で決めていた物品を購入したりした。触覚被害による妨害と特になかった、帰路は電車を利用、帰宅していくつかの雑事を片付けて行った。帰宅すると何かと不快な触覚被害が続いた。

しかし17時より愛犬の散歩に出ると被害は止んだ、ほぼ成犬になったハスキー犬の散歩というのは本当に力を使う、飼い主歴35年、これは私が社会に出て生業にデザイナーの仕事を始めた年よりも2年長い。だからいろいろ知り尽くしているところもあるが、こちらの年齢を考えると若いときのようにはいかないことを思い知らされている。そのくらい心身のテンションが上がるから被害は遠のくようだ。

90分ほどで帰宅したが、その移動量にも自ら驚いている。

散歩で身体が温まり、とりあえずアンダーウェア一枚で記録できているがさすがに寒くなってきた。やはりこの時間の触覚被害はとてもひどい。これから夕飯の準備とする。

« テクノロジー犯罪に遭遇して4341 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して4343 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事