« テクノロジー犯罪に遭遇して5270 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して5272 »

2022年7月29日 (金)

テクノロジー犯罪に遭遇して5271

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という60才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

 

7月29日(金)

 

17時13分

被害は続いている。

 

昨日は18時より愛犬の散歩。西側の近隣巡りとなった、出会いはほとんどなく静かな散歩となった、40分で帰宅。すぐに夕飯の準備。枝豆ととうもろこしを蒸し、刺身こんにゃくを盛り、たたききゅうり、それと焼売、生野菜添えを準備し、シャワーを浴びる、するとここでは尻へのひどい触覚被害があった、それから夕飯とした、多少の妨害はあったものの、高温多湿の不快さの方がリアルだった。深夜は1時に目覚ましをセットし、23時31分に一度就寝。1時に起き、消灯と戸締りを済ませ就寝とした。

 

4時57分に一度目覚める。ノイズが鳴っていた。以降数度目覚める、8時52分に起床とした。同時に愛犬に餌を与えた。それからいつもの雑事片付け、被害も始まっていた、いよいよ夏本番といった気候になっている。今日は屋外での雑事が主になるので、たくさん発汗することになるようだ。午前は身辺のことで過ぎていく、昼は焼うどんをつくっていただいた、多少の妨害あり。

午後はまず愛犬の行水をしてやり、それから枯れたモッコウバラの枝の伐採と片付け作業、その間に進行中の会報誌の記事データが届いたのでその確認作業にも取り組んだ。最近の感染者数の増加のことを考えていると、途端に肺への痛み攻撃が起こったりもした。今日は猛暑に近いほどだったので、そちらの不快感の方がテクノロジー犯罪被害を上回っていた、一段落したところでこれを記しているが、ここでは触覚被害がひどい。

18時より愛犬の散歩とする。

« テクノロジー犯罪に遭遇して5270 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して5272 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事