« テクノロジー犯罪に遭遇して5848 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して5850 »

2024年2月27日 (火)

テクノロジー犯罪に遭遇して5849

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という62才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

 

2月27日(火)

 

16時28分

被害は続いている。

 

昨日はあれからシャワーを浴びれば当然のように尻への触覚被害がエスカレートした。それから夕飯の準備、ホッキガイサラダ。焼き餃子と春巻き、肉まんなどで済ませた、調理時・食事時ともにそれほどひどい妨害はなかった。深夜は24時半に就寝とした。

 

6時52分に愛犬に餌を与えた、ノイズが鳴っていた。再び休み9時37分に起床とした。すぐにスーパーまで買い出し、帰宅後いつもの雑事片付け、被害もすでに始まっていた。一段楽したところでレバ丼と味噌汁をつくって昼食とした。多少の妨害あり。一休みしたあと今日は東京法務局まで用心があり、クロスバイクで往復となった、行きの走行で右膝への触覚被害による走行妨害が結構長く続いた、帰路は妨害はなかった。帰宅すると触覚被害がいきなりエスカレートしたりした、それからこれを記しているが、ここでも触覚被害がかなりひどい、これから愛犬の散歩とする。

« テクノロジー犯罪に遭遇して5848 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して5850 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事