« テクノロジー犯罪に遭遇して5889 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して5891 »

2024年4月 8日 (月)

テクノロジー犯罪に遭遇して5890

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という62才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

 

4月8日(月)

 

18時07分

被害は続いている。

 

昨日はあれから愛犬の散歩。椎名町駅近くの公園まで出向くと、いつもの飼い犬と飼い主さんたちがいて、おやつもいただくことができた。以降も遠回りをしながら近隣散策となり105分で帰宅となった、後半になるにつれて触覚被害がエスカレートし始め帰宅すると大変なことになった、散歩の最中も終始ノイズとガキ声が延々と続いた、私の加害者はこのガキ声を乱用するのがお気に入りのようだ。夕飯の準備事にも被害は続いた、そんな中野菜スープ。ハンバーグにナポリタン。パンとかをつくっていただいた。食事時には被害は遠のいた、深夜に就寝、時間の記録を忘れたようだ、

 

6時37分に尿意で起床、ノイズが鳴っていた。6時58分に愛犬に餌を与えた、すでにガキ声の音声送信が始まっていた、恐らく延々と今日も聞かされるのであろう。再び休む、脳内ではガキ声が無意味なことや、私の思考をなぞるようなことを続けていた。9時37分に起床とした。

いつもの雑事片付け被害はとっくに始まっていた。一段楽したところで地元の蕎麦屋さんで昼食とした、ここでやっと被害は遠のいてくれた。帰宅すればまた元通りだ。今日提出するプレゼンデータをクライアントに午後一で送信した。それから江古田駅方面までクロスバイクで買い出し、行きは大丈夫だったが帰路で右脇の下に強い触覚被を強要され危険な走行を強要された。本当に被害はひどくなってきている。例によってノイズを伴うガキ声が脳内で好き勝手で無意味なことを送信していた。

帰宅後雨が降りそうなので屋外での雑事を片付けていった。一段楽したところでまだ雨天ではないので愛犬の散歩とした、気温も上がっているせいか、近隣を1時間ほど歩いて帰宅となった、今日も後半になるに従い触覚被害がエスカレートしだした、帰宅してからこれを記しているが、ここでもガキ声によるこの文章を話す送信が続いている、それがどれだけ被害者をイライラさせるのかを解ってやっているのだ、こんなことが頻発するのがテクノロジー犯罪被害者の日常である。

« テクノロジー犯罪に遭遇して5889 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して5891 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事