« テクノロジー犯罪に遭遇して5925 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して5927 »

2024年5月14日 (火)

テクノロジー犯罪に遭遇して5926

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という62才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

 

5月14日(火)

 

9時32分

被害がかなりひどい。

 

昨日はあれからひどい触覚被害に苛まれながらの夕飯の準備。よく包丁で指を切らなかったものだ。ノイズ、ガキ声、他男女の人工音声。身体各所への触覚被害。そんな中マリネサラダ。とり唐揚げとフライドポテトを準備してからシャワーを浴びれば尻を中心に触覚被害。

それから夕飯としたが、ここらへんから被害も落ちつきだした。深夜は23時38分に就寝。

 

4時10分に尿意で起床、ノイズとガキ声。7時06分に目覚めるとガキ声によろ内面干渉、本当に執拗にやってくる、変態と一緒である。ノイズと軽い触覚被害もあった。8時56分に愛犬に餌を与えた、ノイズガキ声、触覚被害あり。内面干渉が執拗で、ストーカーの手本のようなしつこさだ。9時22分に起床、それと同時に触覚被害の凄まじいエスカレート、今もパンツ一丁でこれを記している、音声送信はガキ声、しゃがれ、何の役にも立たない制し声、今日も大変なことになりそうだが、天気が良さそうなので、屋外に出れるのでまだ何とかなりそうだ、昨日は最悪だった。

12時34分

江古田駅方面まで買い出しと昼食にクロスバイクで往復したが、帰路の後半から触覚被害による走行妨害が急にエスカレートする、大変な運転になった。帰宅し少しすると触覚被害が凄まじい勢いでエスカレートし、まだ続いている。本当に大変な状態だ、音声送信はガキ声が好き勝手騒ぐまくっている、謝罪だったり、異常なほどの内面干渉だったり。制する女の声もあるが、ただそういうセリフを吐いているだけで触覚被害のエスカレートはそのままである。左胸、右脚、尻に特にひどい。世界がウクライナ、中東など、きな臭い戦闘状態に入っていることに影響を受けているのか、被害者をひたすら一方的に虐待し、怒らせ物騒な精神状態に陥らせ、平和や幸せを破壊し続けている、要するにテロリストと一緒ということだ。なぜこんなことに巻き込まれなければいけないのか、まったく不明だ、とにかく心身ともに大変な状況だ。

 

16時45分

被害はかなりのレベルだ、先ほどまでバラの消毒作業を行なっていた、このときだけは被害は遠い音声送信のみになってくれた。例によって被害終焉のデマのオンパレード、それとガキ声が延々と聞こえ続けていた。

その前にクロスバイクでHCで買い出しに出たが、すぐに右脇の下にひどい走行妨害が始まり、危険極まりない運転を強いられ続けた、音声送信はガキ声とそれを制する役立たずの男女声が脳内でやり合っていた。ガキがもういなくなるなどとリアルにそれっぽく三文芝居をしていたが、これを記している今も全然状況には変わりがない、相変わらずガキ声がやかましい。さらに触覚被害が著しくエスカレートし、ほとんど全裸の状態である。下半身で4本ばかりの手が蠢いているような感触を強要されている、被害が終わりどころじゃない、エスカレートのままだ。これから愛犬の散歩とする。

« テクノロジー犯罪に遭遇して5925 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して5927 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事